やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

学びのたね
試験まであと60日を切りましたね。最近、通勤電車の中で皿回し学習しているのに役立っているのが学びのたねというiアプリです。

media5のメルマガでご案内いただいたので早速使ってみることに。今はドコモしか対応していないみたいで月額315円掛かり、パケット代が掛かるのでパケホーダイにする必要がありますが、これが結構使えます。

科目は一次試験科目(7科目、企業経営理論については3つに分割)網羅されていて、キーワードの解説だけでなく、そのキーワードを用いた確認テストができます。2択から5択まで選択できるので、最初は2択から全科目回して、今では毎日5択生活です。通勤電車では20分程になるので解ける問題は大体60問ぐらい。往復で1日2科目ペースで使ってます。ちょっとした隙間時間にも使えて便利です。

暗記ツールで某電子手帳のドリル作成機能があるものも検討しましたが、自分で内容を作らなきゃならないしなぁ、と思ってた矢先、このサービスが出たことを知ってまずは使ってみようという気持ちでトライしたら意外にハマってしまいました。ケータイって今や生活で手放せないアイテムなので、どこへ行くにもそばにある。これってなかなかいいアイディアだなぁ、と。

ちなみに・・・中小企業診断士だけでなく、他の資格にも沢山対応しているようですぞ。機能に対して欲を言うとあれやこれやとありますが、ま、ここは贅沢言わず試験に向けて活用しなくては!?

テキスト刷新!
実はこのお正月、勉強してたテキストや問題集を刷新しました。

TACのスピードテキストを2007年度版や2008年度版へ。法改正(例えば証券取引法から金融商品取引法へ)を意識して勉強したいのもあったし、昨年はぶっちゃけ勉強しきれなかったので気分一新!ということで。早速、企業経営理論から読み直してますが、以前見慣れていたレイアウトと同じということで違和感はないです。

そして一次問題集。以前は1冊で全科目を数年分の内容がまとめて収録してあるのを使ってました。TACの一次問題集は1科目で5年分を1冊に収録。そしてこの本のいいところは、法改正などで過去問の中では既に古い情報となっているものはマーキングされていること。これを前回買ったあとに気付いて、問題から学びたい私にとっては後悔♭今回こそは!ということで買い替えました。1冊でまとめて収録されているものと比べて多少お値段は張りますが、コレ、オススメです!(あ゛っ、間違ってもわたくし、TACの回し者ではありませぬ(笑))

・・・で、昨年買ったテキストや問題集は?というと、実はオークションで売ってしまいました(笑)。おかげさまで売上は新しく買いなおした本の足しになってます?!
通信教育に・・・
学習のざっと読みは、今週は経営法務に突入。只今、民法、会社法のあたりを読んでます。昔、大学で商法の授業を受けたときに「商法の前に民法を勉強しなくてはいけない」という話をしていたのですが、まさにそんな感じですね(汗)。もっと法律系を大学で勉強しておけばよかったかな?なんて。さすがに5科目も読んでると各科目で共通するところが見えてきますね。

そうそう、タイトルの通信教育という言葉ですが、実は学習方法に取り入れていきます。独学で自分で情報収集して学んでいくのには限界かもなー、と思った今日このごろ。1次試験はマークシート式なので独学でどうにかなるかも?と思ったのですが、2次試験は筆記試験。まる覚えでは乗り越えられないなぁ、と感じ、こうした力も借りてみようと。資格の学校へ真面目に通おうとするとウン十万単位で飛んでいってしまうから、数万円で学習できる通信教育はトレンドも多少掴めると思うので、とりあえずやってみようと思います。大学も通信教育だったので、この手のモノに対して抵抗はないです。

通信教育は日本マンパワーのものを使用。いろいろと調べてて、ここの教材の評判が結構良いということで選びました。先日、第一弾の教材が届いて、冊子としては今読んでるTACのスピードテキストのほうがボリュームがありますが、体系図などのまとめ方が分かりやすいな、という印象です。中小企業白書の概要が付いてるのも美味しい?!こちらもざっと読みをして、最終的にTACのテキストと統合させるように覚えていきたいと思います。

ざっと、読んでます。
この試験、なにせ科目が多い!最初、1科目ずつこなしていこうかな?と思ったのですが、全体を通してどれぐらいのレベルなのかがわからない。いろんな勉強法を見てると、1科目ずつ取り組むより、まずは全科目ざっと読んでみるということをしたほうがいい、とのアドバイスが。

そんなこんなで、通勤時間はもっぱらテキストを読んでます。仕事で顧客訪問で移動時間が出来たときは儲けモノです?!今月から始めて、企業経営理論、財務・会計、情報システムまで通読しました。企業経営理論は経営戦略や組織論、マーケティングといった内容で、つい先日まで大学で勉強していたこと。その延長線で読めたのでとても興味を持って読めた。財務・会計は、今、簿記2級の勉強をしているので、これもその延長線で勉強できそうという手ごたえが。そして、情報システム。これは・・・イケるな(笑)。昔、勉強した情報処理試験のネタそのまんまじゃないかぁ!とりあえずこの3科目は、頑張ればどうにかなるのかなー、なんて勝手なコトを考えてます?!

問題は、残りの科目。なんとなーくニガテ意識を持っているのが経済学・経済政策。大学でもちょこっと勉強したのですが、グラフで示すってのがどうもカラダが受け付けないようで(苦笑)。ざっと読みで苦手意識から克服できるか?いやっ、そんなコト、思っちゃいけない!と暗示をかけていたりします。
キーワードカード
この資格の勉強をするにあたって、ホントに沢山のことを覚えなくてはならない。それも丸覚えじゃダメでどれだけ理解をしながら覚えなくてはならないのかが問われてくる試験内容だと思う。しかし覚えることのボリュームは半端じゃなく多い!これをいかに自分の中で整理をしつつ覚えることを問われているような?!

皆さんどのように勉強をされているのだろうか?とネットで調べていたら、ここのサイトでなかなかいい方法だな!と思うことを見つけました。
どのテキストにも巻頭や章頭などに体系図が載っているのですが、そのキーワードについて「キーワードカード」を作成して、最終的に同じように並べてみて理解するもの。ひとつひとつの項目を理解して最後につなげる、まさに点と線をつなげる作戦?!
カードなら通勤などの持ち歩き時に見ることもできますから、一石二鳥ですな。

先日、東急ハンズで適度な大きさと厚みのある(持ち歩くからコピー用紙では薄いかなー?と)カードをまずは100枚購入。1科目で100枚程度なんて書いてあるので、まずは1科目お試しでどんな感じで勉強できるのかやってみようと思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。