やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予備校通い、はじめました。
昨日から予備校通いを始めました。ここから予備校のスケジュールに乗っかるように勉強がはじまります。 本試験のときに受験者の年齢層が高いなぁ、なんて思ってたのですが、予備校では意外に若者の受講が多い、という印象です。そして、、、まだお友達になれている人が少ないのか、休憩時間も静かだなぁ、と。殺伐とした空気が流れてる、とまではいかないけど、なんだろ?この緊張感漂う空気は。。。それだけ皆さん、本気で取り組んでるってことだよね。 肝心の授業のほうですが、昨年の出題傾向のお話しから、簿記だけ知ってるのではダメってことを改めて認識。簿記より他の論点のほうが沢山出題されていて、私のニガテな設備投資のあたりの出題数が多いって。。。ココを克服しなくては! 授業の進捗はとてもスピーディで簿記ビギナーの方にとっては辛いだろうなぁ、なんて思ったりも。 講義の4回目あたりまでは簿記で、簿記2級まで取得した私にとってはおさらいのようになってます。先生が時折話してくれる余談のほうがどちらかというと興味をひいてます(笑)。でも・・・5回目以降からは本腰入れて勉強しないと! ちなみに・・・今日の夜、第3回目を受けてきました。基本は平日に受けて、都合が悪いときは日曜日またはWEB補講っていう形にしようと思ってます。いい形で習慣化できていくといいなぁ。

コメント

こんばんは!
TACは休憩時間静かなんですよー。
せっかく学校通っているわけだし、きっと仲間が欲しい人は多いんでしょうけど、
あの空気じゃ声かけづらいですよね。
やまさんは簿記2級持っているんですね!
その予備知識はすごーくうらやましいです。
完全なる初心者のぼくは途中から今何を勉強しているのかよくわからなかったですよ(笑)
復習でなんとか理解しはじめることができたが、気が抜けない日々が続きそうです。。。
[2008/11/11 00:14] URL | isamu #79D/WHSg [ 編集 ]


やまさん、こんばんは!私としては遂に財務が始まってしまったと言う感じです。今年受けた本試験で何と言っても40点を切ってしまったというありえない状況です。今年は平均点の52点でもグッジョブ!と言う低い目標を立てて猛烈勉強中ですよ。
しかし日曜のTACに出席されていたのですね。私も出席してましたよ。前半は睡魔と闘っていましたが><
それでは、来年こそは診断士試験を合格してしまいましょう!!
[2008/11/11 02:17] URL | でぃあKUN #79D/WHSg [ 編集 ]


>isamuさん
確かに・・・声を掛け辛い空気が漂ってますよねぇ。。。
簿記初心者だといきなりヘビーですよね~。
学校のテキストだけでなく、簿記3級のわかりやすい本から入るのをオススメしますよ。
理論を深く追求しながらより、まずはざっくりと理解することから始めたほうがいいかもしれませんね。
>でぃあKUNさん
でぃあKUNさんも日曜日の講義に出席していたのですね~!
財務はニガテ、という方が多いみたいですね。先日の3回目の授業のときに先生が言ってたのですが、財務の授業を受けたあとから、難しさを乗り越えられなくて急激に受講者が減る、なんてことも聞きました。
どうにか克服して点数を上げていきたいですね。
いつかお会いする機会があれば、よろしくお願いしま~す。
[2008/11/11 22:46] URL | やま #79D/WHSg [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamastudy.blog79.fc2.com/tb.php/55-cf2ac38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。