やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個別原価計算
簿記の学校で財務・会計の勉強を兼ねて日商簿記2級取得を目指して通ってる今日この頃。おかげで財務・会計のテキストをペラペラっとめくってみると、おっ!ここなら分かるぞ、と思うところがちょこちょこありまして。勉強した甲斐ありまして、ニガテだと思ってたところも一歩だけ抜け出したかな?と思います。

先月末から工業簿記の授業に入りました。工業簿記では主に原価計算を学んでいるのですが、今日のお題は「個別原価計算」。個別原価計算とは受注生産形態において採用される製品原価計算の方法。製造直接費は各製造指示書ごとに実際に発生した原価を賦課し、製造間接費は一定の配賦基準にしたがい配賦すること。配賦率を求めつつ間接費を配賦していくので、計算としては結構手間ではあります。家に帰ってから財務・会計のテキストで該当のページを見てみると・・・さらっと書いてあった。それも3ページ弱で。簿記の世界では十数ページ書いてあったのですが、ま、そんなものですよね?!



コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamastudy.blog79.fc2.com/tb.php/5-7a11a284
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。