やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IFRS(国際財務報告基準)と、財務・会計と、、、
今日は仕事絡みの話から診断士ネタに繋がる話をひとつ。最近、このネタに振り回されっぱなしです!?

IFRSというキーワードをご存知でしょうか?
国際財務報告基準のことで、ここ最近日経新聞をひそかに賑わせているキーワードでもあります。国際会計基準、という言葉で出てたりもしますね。

このIFRS、適用については上場企業と連結対象会社が対象。中小企業は関係ないや!という印象を受けるかもしれませんが、連結対象会社であれば影響アリです。

2010年から任意適用開始され、2012年に日本でも強制適用するか否かの判断がされ、早くとも2015年には強制適用となる見込みとされてます(2009年11月現在)。先にEU圏では既に強制適用が開始され、米国でも適用の判断を2011年に実施するとのこと。

ざっくり説明しますと・・・IFRS(国際財務報告基準)とは?

これまで会計基準は各国バラバラのものを使ってました・・・が、グローバル化が進む現代、会社の数字を世界共通の尺度で見ないとダメだよね?と。
特に海外のステークホルダー(投資家など)からすれば、同じ土俵に並べて比較して企業比較・評価できることは重要でもあるのです。
そのためには、会計制度をグローバルスタンダード化する必要が出てきたのです。

大きなところの話でいくと、財務諸表も大きく変わる可能性がアリ!日本基準ではP/L重視と言われましたが、IFRSではB/S重視とも言われてます。従来では当期純利益を重視するのですが、包括利益という、当期純利益に期末の資産・負債の評価損益を加えたものに。時価があるものは確実に影響します。

ちなみに・・・IFRSは会計制度の変更のイメージが付きまといますが、普段の業務にも影響が。

会計基準が変わる→取引のルールが変わる→業務プロセスにも影響も→情報システムも改変が必要!

このような連鎖でビジネスにインパクトを与えかねないこの制度。内部統制(SOX法)以上のインパクトがあるとも言われています。情報業界としては特需か?とも言われておりますが(汗)。

このIFRS、強制適用が決まるのはまだ先。「実際やるのかやらないのかまだわからない」「やるとすればこうなるはずだろう」みたいな不確定な要素が多い中でいろんな憶測で動いている節もありますが、、、現場の経理担当者は今ある情報を一生懸命集めている、といった風潮があったりします。ビジネスの週刊誌にもよく取り上げられてて、現場の方と話すときのネタになってるので、追っていくのも結構大変です。

診断士試験からの観点でいくと、、、どうでしょう??

現時点のネタでいくと、IFRS仕様と従来仕様と2つの財務諸表を用意する、という話も出ているので、中小企業の観点でいくと従来仕様なのでしょうか。でもIFRSを知らない訳にはいかないと思いますし、、、うーん。
2012年の判断時にきっと診断士協会も検討することになるのでしょうね。

そのころまでには診断士になっていて、的確なアドバイスができるようになっていたいものです。。。


コメント

はじめまして、ゆずこしょう と申します。

IFRS関連のわかりやすいエントリーですね。

ここ数年、実務担当の自分は会計制度変更に振り回されっぱなしです。

その中でも内部統制とIFRS導入が両横綱です。

FIRS適用についてですが、2015年3月期決算に強制適用なら、2013年4月開始から影響を受けます(IFRS導入初年度取り扱いの関係で…)ので、ほとんど時間はない状態です。

もし、導入方法が、コンバージェンス(日本基準をIFRSへあわせる方法…現在の米国・日本の導入方針)ではなく、アドプション(日本基準を捨てIFRS自体を直接適用する方法…日米以外の先進国の導入方針)となった場合、影響は甚大でして会計分野以外にも広く波及すると思います。
(システム関係はまさに特需ですね!)

中小企業診断士も少なからず影響を受けるでしょうから、IFRSの知識は必要かなと思います。

少し長いコメントとなってしまいました。ご容赦ください。

[2009/11/27 06:00] URL | ゆずこしょう #- [ 編集 ]

IFRS
なんか敷居が高くてIFRSって勉強ぜんぜんしてないんですが
これからは重要になってきそうですよね。
診断士に受かったら次は社労士かな?って思ってたんですけど
こっちらが先にやらないとまずそうです
参考になりました。ありがとうございます
[2009/11/27 17:48] URL | しる~ #- [ 編集 ]


>ゆずこしょうさん
コメントありがとうございます!
実務担当者さんにとって内部統制に続いてIFRSは相当のインパクトですよね。
日々コンバージェンスは進んでいてそれだけでも追われている感じもするのですが、いざアドプションが決まった時にはタイムリミットはあと僅か。
対応に追われることは間違いなさそうです。
診断士としてもクライアントに助言する出番はあると思います。そのためにしっかり勉強しておく必要があるかもしれませんね。
[2009/11/27 23:16] URL | やま #- [ 編集 ]


>しる~さん
コメントありがとうございます!
敷居が高そうに見えますが、現在の日本の会計制度と見比べてみると案外面白いので、入り込みやすいかも?です。
診断士でも会計を得意技とするのであれば、IFRSの知識は身につけておいたほうがいいかもしれませんね。
[2009/11/27 23:17] URL | やま #- [ 編集 ]


>拍手をいただいた皆様
ありがとうございます。試験後の頑張ったあとでもないのに、こんなに戴けるとは思いもせずビックリです!
また機会があればIFRSネタ、書いてみたいと思います。。。
[2009/11/27 23:19] URL | やま #- [ 編集 ]


コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://yamastudy.blog79.fc2.com/tb.php/103-8a8d9b55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。