やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決戦の日、確定!?
昨日、診断士協会より今年の診断士試験の日程が決まりましたね!
詳細はこちらから!

顧客訪問を終えてちょっと遅めのお昼休み、Twitterを見てみたらフォローしている方々の話題はそのネタでもちきりになっていて、事務所帰ってからしっかりチェック!おぉっ、しっかり載っているじゃないかぁ~。
早速仕事の手帳に試験日、合格発表日をカキコミ。もちろん2次の合格発表までね!
今年こそ絶対合格するぞ!・・・というよりは、今年でもう終わりたい(苦笑)。

手帳に書き込んだあと、不思議とやる気がぐぐっと湧いてきました!
ま、お尻に火が点いたといったほうが正確か(笑)。

まずは1次突破ですな!ということで、各予備校の模試の日程もちぇきらー☆。
昨年、TAC以外の模試も受けたのですが、問題を解くのはもちろん、試験会場の緊張感やタイムマネジメントするのに良いな!と思ったので、さすがに全てを受けるのは財力的に難しいですが、厳選して受けたいなぁ、と。

2次実力チェック模試を5/2受けるので照準はそちらに行きぎみですが、まずは第一関門突破!できるようバランスよく勉強していかないとねー。
スポンサーサイト

テーマ:資格を取ろう! - ジャンル:就職・お仕事

試験と心拍数の相関
大変ご無沙汰しております。。。気づいたらまるっと1ヶ月も更新してませんでした(汗)。

この1ヶ月というものの、仕事がピーク。ブログを書く余裕がない、、、そして勉強も。
勉強時間数はメモってませんが、かなり極小です(苦笑)。
このピークが本試験前でなかったことが幸いとしか言いようがないです、、、

その間に、勉強仲間との飲みや、合格者に秘訣を聞いたりとイベントがありました。
徒然と書きたいネタは沢山あるのですが・・・関係者の皆様、ごめんっ。ネタは小出しにしていきますので、ご勘弁を!

そんな中から今日はどうしても書いておきたいネタから、試験と心拍数の相関についておはなしを。
これは先月ロンドンでMBA取得して帰国した友人が語っていたおはなしです。スポーツ医科学の教授の講義から学んだ内容とのこと。

試験の時って超緊張しますよね。心臓がバクバクと。そんな心拍数が上がった状況で、本来の思考回路で試験に臨めるか否か、、、ここが重要とのこと。
私の経験上、前回の診断士試験では1日目 経済学では最初の5分は超舞い上がっていて、、、最後に見直してみたら・・・あれれっ、違ってるじゃん!?って。危うく1マーク落とすところでした(汗)。

では、こんなコトにならないようにどうしたらいいか??
やはり、トレーニングが必要とのこと。
ランニングマシーンで安静状態より高い心拍数で走りながら勉強したり、考えてたり。。。と、そのような状況を作ってカラダに慣れさせることが大事だそうです。なーるほど!と思いました。
最近フィットネスには通ってないのですが、過去の記憶から辿ると、ランニングマシーンやエアロバイクの時って案外無心・・・ていうか、手持ちぶさ状態で動いてるんですよねー。そんな時間を活用をする方法があるとは!
走りながら問題解いてみるとか、、、できるかなー?ちょっと試してみようかなー。

よーく考えてみれば・・・ゴルフのラウンドの時って、コースの状況などを総合判断して臨んでいくから、ちょっと心拍数が上がった状況でプレイしてるんだよねー。林に突っ込んだ時は、マジメ考えて走って打って・・・・あははっ、これもトレーニングか(笑)。

ほどよく運動して体力もつけて、試験に臨むことが大切ですね!
勉強・・・脳を使うだけじゃダメなのね、と痛感するお話でした~。

さーて、3連休2日目。アクティブ活動は昨日のうちに済ませたので、今日は1日じっくり勉強しようと思います~。

テーマ:資格を取ろう! - ジャンル:就職・お仕事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。