やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まずは企業経営理論から。。。
11月から気合いれて学習!その1は「企業経営理論」です。予備校の教室での受講は「財務・会計」からになりますが、WEBフォローを取ったので、ひとまず家での学習はこの科目からスタート。暫くは並行して学習していくことになりそうです。 幸いなことに、予備知識があるので(あっちゃいけないんだろうなぁ、でも・・・これもいわゆる「アドバンテージ」って奴かぁ(笑))、内容としてはすんなり入っていけてます。講師は、オプションゼミや東京の説明会に参加したときにお話ししたことのある方だったので、非常に入りやすかった! そして・・・今回、予備校での学習方法に触れての気づき。過去問の使い方です。 今まではひととおりテキストを理解→試験前に過去問に挑戦!というパターンでした。 ここで学んだのは、テキストに触れられてる論点で過去問で出題されていたら、その場で内容を押さえて理解する、という方法です。 これまでそういう取り組みをしてなかったので、いざこうして取り組んでみると、関連させながら理解をするので非常にやりやすい!なんで今までこの方法に気付かなかったのだろ?・・・というか、これぞ予備校で教えてもらえる勉強方法のテクニックかな?なんて思ったりも。それだけでも既に収穫アリ~!なんて感じてしまいます!? そんなテクニックをひとつずつ手に入れて、成長していくぞぉ!
スポンサーサイト
企業経営理論 まとめ&サブノート
最近の勉強は?というと、企業経営理論をまとめてました。

前回の試験はぶっちゃけあまり勉強してなくて、通信制大学で勉強したマーケティングや日頃の社会人生活で身に付けた知識からで臨んでみたものの・・・まだまだ知識不足でした。企業経営理論は診断士としてはベースになる部分ですし、これはしっかりと基本は押さえておかないと、と思い、せっせやっておりました。

ただ・・・この科目、試験ではテキストに書いてあることをそのまま解答とする訳ではなくこのケースのときはこうする、みたいな解答を求められるんですよね。二次試験ではそれをずばり自分の言葉で書かなきゃいけないし。。。ただ、知ってるだけじゃダメなのね~、ということは重々承知の上。こうしてまとめたところに、問題を解いていってはサブノートに追記をしていき、内容を充実していこうかな?と。

そんなサブノートですが、この科目から作り方を変えてみました。
以前は、ルーズリーフに手書きでまとめてましたが、今は、PC(EXCEL・・・表などを入れたりするにはこちらのほうが使いやすい!)でまとめてます。手戻りで消しゴムで消して、なんて手間もなく、余白もあとから調整可能ですし、なにより私の汚い字でもないのでキレイにまとまってます(笑)。職業柄、タイピングは早いほうなので、以前より費やす時間は短くなったような?(・・・て早くなった分、脳に入ってるのだろうか?とたまに不安にはなりますが(爆))

今日で企業経営理論は終了。明日からは経営法務も同じようにまとめていこうかな?と思ってます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。