やま 目指せ!中小企業診断士への道
中小企業診断士合格を目指すやまの勉強日記
PR

オススメ本

Twitter

プロフィール

やま

Author:やま
金融系プログラマー→システムエンジニア→業務系システムエンジニアを経て、現在は会計・人事給与パッケージのアシスタントコンサルをしています。

中小企業診断士は新たなステップ!と受験への道へと足を踏み入れたものの、まだまだ道のりは長そう?!が、がんばりますっ。

FC2カウンター

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

リンク

このブログをリンクに追加する

ランキング

にほんブログ村 資格ブログへ

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NHK「出社が楽しい経済学」
今日も夜は経済学の講義でした。今のところ、まだ経済学嫌いにはなってません!?

先週の土曜日、日経プラスワン(日経朝刊土曜の第二部。コレを読むのが週末の密かな楽しみ!)の記事で気になるテレビ番組を発見!その名も・・・出社が楽しい経済学。NHK教育テレビで土曜23時~の30分番組。いやぁ~、教育テレビはテレビ欄を見てもノーマークだったから、そんな番組をやってることを知らなかった!

そんなこんなで、早速見てみました。その時のお題は「比較優位」。ドラマ仕立てで「僕は同期のよくできたコと比べると何をやってもかなわない。だけど、経済学では誰にでも比較優位を持っていて、こんな僕にも比較優位を持つものに特化して仕事をすれば、全体の仕事の効率が高まるんだ」みたいな内容でした。ドラマのあとの解説は、スタバではグランデを買え! ―価格と生活の経済学の著者である吉本佳生さんが解説されてました(この番組の監修もされているようです)。こうやって身近な例で、それもドラマ仕立てで見ると、とても入り込みやすい!

今月から始まったばかりで、3月まで放送されているようなので、機会があればぜひ見てみてはいかがでしょうか?

ちなみに・・・今日の講義前に本屋へ行って、この本を買っちゃいました。先日見たのは3回目の放送だったのですが、1回目、2回目の内容も読めてよかった~。1回目の「サンクコスト」では、5年間貢いだ彼女とは別れるべき?というドキっとする例もあったりで面白かった!経済学的にはこれ以上貢べきではない、なんだって(笑)。
スポンサーサイト

テーマ:資格を取ろう! - ジャンル:就職・お仕事

経済学 克服中?!
只今、「経済学・経済政策」について勉強中です。

以前にも書いたと思うのですが、経済学は最もニガテとする分野です。グラフ・・・数式・・・算数、数学が嫌いだった私は、そういうものを見るだけでも敬遠しちゃうのです(苦笑)。(算数、数学が嫌いな私がSEという仕事に就き、今や会計業務のアシスタントコンサルやってるのも不思議だと思う?!)。なので、いかに克服するか?が私の中のテーマでもありました。

昨年秋に各予備校の説明会を行脚したときに、どうしたら克服できるか?という質問を投げかけたときの回答が、「診断士のテキストではなく、経済学についてわかりやすく解説してある本からまず入るといい」と。そんな勧めから、本屋の経済学のコーナーで厳選なる立ち読みの中から選んできたのが図解雑学ミクロ経済学・マクロ経済学でした。

この本は、図解だけでなくわかりやすい言葉や例で解説してあるので、今まですごく難しく捉えていたことがなーんだ、そんなことか!というぐらい明快になり、一皮むけたかも?と思ったりします。試験対策用のテキストは的を得ていて重要だと思うのですが、そこだけに頼らず、わからないときは自分なりに理解しやすい本を探して、吸収する必要は大いにあるかもしれません。

ミクロ経済・マクロ経済と両方ざっと読みは完了して、今は難しく書いてある診断士テキストとリンク作業中。ノートにまとめているのですが、ここにはテキストを写すのではなく、自分が理解したなりの言葉で書くようにしてます。そのほうが印象に残りやすいですよね~。

あとは、いかに問題を解けるか?かな・・・(汗)
ニガテな科目
まず、試験まであと23日・・・ぶっちゃけ勉強は捗ってません(苦笑)。とりあえず今は全科目(7科目)をひととおり廻しながら勉強してます。

その中でもニガテ科目・・・「経済学・経済学政策」。大学では商学部で、経済科目を殆ど学習せずに終わっているので未知の世界と言っても過言ではないモノなのです。

まず、日本マンパワーの通信教育のテキストを開いて、ひとつずつ理解をしようかと思ったのですが、なんなんだ?!このグラフと式のオンパレードは!学生の頃、思いきりこの手のモノは見るだけでも拒否反応を示しているというのに♭。その本には、具体的な実例に当てはめるとどうなるか全くないため、私にとっては異次元ゾーンのモノにしか見えないし。。。まとめて購入したTACのスピードテキストも同じトーンの記載で読んでてもチンプンカンプンで、ダメだぁこりゃ!と思った私は、本屋へ。そこで見つけたのがクイックマスターシリーズの経済学・経済政策。この本は具体的なイメージで捉えられるような解説が多く、私のような経済学を学習するビギナーとしては非常にわかりやすい!最初からこの本を買っておけばよかったなぁ、なんて今更後悔してたりして(笑)。

この科目は試験1日目の1時間目の科目。ここで自信がないと他の科目までそんな気持ちを引きずってしまう。ここでグッっと掴みたいところなのだけど・・・ニガテと言わず、頑張ってみます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。